[LogicalFX通信]過去の似通ったチャートからトレードポイントを探すのがオススメ!

こんにちは。

 

 

 

年始海外に行っていたので、今日からが私にとって今年のスタートになります。

 

 

 

年末から気になっている通貨は、GBPとGOLDです。

 

 

 

例えば、下図、GBP/USDなどは、年足で下側でワイドレンジになっており、ダブルボトムのネックラインを抜けて上限付近でレジサポ転換したら、年単位で上昇トレンドが出そうです。(*年足のローソク足を入れて見ると、良く分かります。。。)

 

 

 

 

 

 

しかし、これは超長期のテクニカル予測なので、デイトレーダーにとっては、単なる知識でしかありません。

 

 

 

デイトレーダーにとって一番知りたいのは、直近の値動き。

 

 

 

という事で、直近の動きを見ると、GBP/USDは日足でペナントを作っており、抜けに掛かっています。

 

 

 

但し、4時間足を見ると、ダラダラと上昇チャネルを作っているので。一旦戻して玉を溜めてから狙うのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

で、どんなイメージで抜けに掛かるのか知りたい方は、週足のここら辺が似ているので、下位足まで落として分析すると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

その中で、デイトレに必須な3つのトレードポイント(細かく分ければ7-8つ)でエントリーすれば、確実性の中でトレードしているので、勝ちやすくなります。

 

 

 

私だったら、下図のように日足がミドル付近の水平線で抑えられたら積極的に入っていきたいかな、と。。。

 

 

 

 

 

 

上級者は、勿論、その手前からでも4Hローソク足一本分取るという割り切り感で入ってもいいです。

 

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.