[LogicalFX通信]こういった波形がミドル付近の抵抗で出現すると大波!

こんにちは。

 

 

 

昨日37°だったオーストラリアから帰ってきました。

 

 

 

東京は寒いですが、時差が-1時間しかないので、時差ボケなしで良いですね^^

 

 

 

そう言う意味では、アジア圏やオセアニア圏は住み易いですね^^

 

 

 

さて、約1週間ぶりの更新になります。

 

 

 

その間、GOLDでお決まりの波形が出ましたね。

 

 

 

その波形とはレンジの上・下限に届くための波形です。

 

 

 

こういった波形がミドル付近にある抵抗で出現すると、レンジの上・下限にポテンシャル的に届く威力を持ちます。

 

 

 

 

更に、上位環境が整えば、レンジさえ抜けるポテンシャルを持ちます。

 

 

 

 

 

 

ところで、こういった波形がミドル付近にある抵抗で出現する現象は、○部○ウと言います。

 

 

 

そこを上手く取る手法が、JTAでは、レンジ内ミドル抜けトレードとも言います。

 

 

 

レンジが出た場合のトレードポイントは、上・下限折り返し部分とミドル抜けしかないので、その3箇所で虎視眈々と待っていた方は、大きく取れた事でしょう!

 

 

 

物事を俯瞰して虎視眈々と待っている、それが負けない秘訣になります。

 

 

 

因みにですが、注意すべき事は、下図を見て貰うと分かるように、何でもかんでもミドル付近でワンクッションあると大きく伸びるとは限らない点です。

 

 

 

 

 

 

では、どういう状況になったら大きく伸びるでしょうか?

 

 

 

これが分からないと、入った後に。。。

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

コメント一覧
  • いつもお世話になっております。

    【問】
    日足ミドル付近の抵抗でワンクッションつけているにも関わらず
    この部分は大きく伸びていない。何故でしょうか?

    【解答?】
    下降のトレンド継続を阻止したポジションが全戻しされなかったため。
    レートでいうと1474.36辺りです。

    前述の赤で囲った2つの場合は、
    下降のトレンド継続を阻止したポジションが全戻しされたため、
    結果、大きく伸びた。
    レートでいうと、
    最初の赤で囲ったケースでは、1488.84辺り。
    二番目の赤で囲ったケースでは、1481.00、あるいは1488.12辺り。

    以上、よろしくお願い致します。


    2019年11月11日 2:50 PM | logicalfx購入者

    • コメントありがとうございます!

      素晴らしい回答ありがとうございます。
      ただ、そういう見方もあるかもしれませんが、本質は違うところにあります。

      引き続き宜しくお願い致します。


      2019年11月12日 3:18 PM | fund-c

  • 答えは日足のバンドが閉じているからでしょうか?


    2019年11月11日 3:24 PM | 北川 

    • コメントありがとうございます!

      バンドはあとだしじゃんけんのインジケータなので、本質は別の所にあります。

      宜しくお願い致します。


      2019年11月12日 3:17 PM | fund-c

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.