[LogicalFX通信]ドル円、週足調整戻しが完了して上昇に回帰するか?

こんにちは。

 
 
 
 
 
 

昨日のトランプ次期大統領の記者会見を無事終え、市場は次の動きを待っている感じです。

 
 
 

本日は、ある程度重要な指標がありますので、それなりに動くことに期待ですね^^

 
 
 

さて、ドル円ですが、去年の暮に書いた上昇パターンになりましたね。

 
 
 

 
 
 

           ↓↓

 
 
 

 
 
 

現在、日足は上昇パワーを吐き出して、レンジに入ろうとしていますが、週足レベルだとまだ一時的な調整でしかないので、テクニカル的には、上に行く可能性が高いです。

 
 
 

 
 
 

122円に数か月後に到達するかどうか興味深いですね。

 
 
 

★生徒さんが続々と結果を出しています。今年は去年にも増して常勝トレーダーが育ってくる年だと思うので、楽しみですね^^

 
 
 

■USDJPY +45.3pips

 
 
 

 
 
 

■USDJPY +20pips AUDJPY +20pips

 
 
 

 
 
 

 
 
 

■USDJPY +52pips

 
 
 

 
 
 

■GBPUSD +34.4pips   GBPJPY +29.1pips

 
 
 

 
 
 

 
 
 

*人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!
 
 
 

それでは、本日の指標です。(*Zaiから引用)

 
 
 


 
 
 

・21時30分:欧)ECB理事会議事要旨公表(12月8日開催分)
→来週にECB金融政策発表を控えてそれなりに注目に値するが、反応は限定的か
 
 
 

・22時30分:加)新築住宅価格指数
→発表でのカナダドルへの影響はまずまず
 
 
 

・22時30分:米)新規失業保険申請件数
・22時30分:米)輸入物価指数
・22時30分:米)ハーカー:フィラデルフィア連銀総裁の発言
・22時30分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言
・26時30分:米)ロックハート:アトランタ連銀総裁の発言
・27時00分:米)30年債入札
・27時15分:米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言
→直近で大きな焦点となっていた[米)トランプ次期大統領の記者会見]を消化して、ここから金融市場の流れがどうなるか
引き続き、主要な株式市場米国の長期金利原油価格の動向にも注視しつつ、注目度の高い米国の経済指標の発表[米)30年債入札]、複数のFRB関係者の発言での反応なども併せて、ここからのトレンドをシッカリと見極めたい局面

 
 
 


 
 
 

それでは、本日も良い一日を!

 
 
 

感謝^^

 
 
 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.