[LogicalFX通信]4Hミドル抜け初動後のミドル抜けトレードとは?

こんばんは。

 

 

 

本日、昼からGBP/AUDが日足内部ダウが完成するのではないかと監視していたのですが、やっぱり完成しましたね。

 

 

 

想定幅は40pipsぐらいだったのですが、現在は、更に下がっています。

 

 

 

具体的にどのような思考でトレードポイントを見ていたかというと、日足がダブルトップの完成しそうな雰囲気だったので、ミドル辺りで日足がダウが出ればダブルトップのネックラインぐらいまでは行くだろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

その時に、4Hが上段・下段を分かつミドル付近でダウ(第六ですね)を作るようであれば、日足内部ダウ決定なので、日足ネックラインまで下落します。

 

 

 

但し、注意しなければ行けない事は、4H-2σが閉じ掛かっていたので、そこまでが一旦のゴールになる事です。

 

 

 

勿論、ブチスイング的に、デイトレ以上に損切りポイントを広く持てるのなら、日足の波に乗ったという事で、日足のゴールである青ライン付近まで持つことも出来ます。

 

 

 

ただ、赤枠の40pipsぐらいで十分なのかと思います^^

 

 

 

私の思考方法は、「第六とダウの継続点の組み合わせだけ」なので、至ってシンプルですね^^

 

 

 

実際には、そこにローソク足と水平線を組み合わせています。

 

 

 

今日のトレードポイントは所謂「4Hミドル抜け初動後のミドル抜け」でした!

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.