[LogicalFX通信]ボラタリティがある通貨で唯一出来るトレードポイントとは?

こんばんは。

 

 

 

水平線トレーディングでは、波の転換を狙う、調整波トレードというものがあります。

 

 

 

そのトレードポイントはいくつか領域があり、基本は、イメージ的に1Hミドルから狙うのですが、例外的にもっと早めに狙えるところも存在します。

 

 

 

例えば、本日のGOLD。

 

 

 

 

 

 

このトレードポイントは、1Hの-1σから例外的に狙えるポイントです。

 

 

 

但し、このポイントは、利幅がある、という点で例外的なので、GOLDのようなボラタリティが高い通貨でないと厳しいです。

 

 

 

また、調整波の一番深いところから狙うので、環境が読めてないと、ここは逆に持っていかれてしまいます。

 

 

 

今日のような週足TL付近で日足の水平線が重なるような所は、高確率で一時的に反発するので、その背景があったからこそ、狙う事が出来ました。

 

 

 

背景をベースにこういったも取れるようになると、1日の作業効率も良くなるので、中級者以上の方にはオススメです。

 

 

 

さて、環境が読めるようになると、本日のGOLDのように、効率よく50pips以上取れるようになります。

 

 

 

環境の読み解き方は、月足から読み解けないと意味がありません。

 

 

 

ですので、その読み解き方は、1泊2日の合宿で徹底的に教えます。

 

 

 

次回10月の合宿は、明日からメール上で募集しますので、ご興味がある方は是非チェックしてください

 

 

 

月足から環境が読めようになると、今回のGOLDのようにアグレッシブにやらなくても月単位で500pipsぐらいは安定していくようになるはずです。

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.