[LogicalFX通信]ゾーンに突入する波の取り方とは?

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、生徒さんとZoom添削を急遽リクエストされた時に、リアルタイムで「あっ、ここ、そろそろエントリータイミングですよ!」となったポイントがありましたので、シェアーしたいと思います。

 

 

 

先ずは、下図、GBP/JPY。

 

 

 

 

 

 

ここのトレードポイントは4Hゾーンに突入するところですが、波と言うものは、「上にもう行きません!」という状態になった場合は、ゾーンだろうと何だろうと、テクニカル的に一度は下を試します。

 

 

 

まさに、その部分がこのトレードポイントです。

 

 

 

但し、こういう所で気を付けなければいけない事は、ゾーンを一発刺しに掛かった後は、力を使い果たして、直ぐに戻って来てしまうので、目標値付近に来たら躊躇わず利確する事です。

 

 

 

このポイントは、波形が気持ち悪く、流石に生徒さんは怖くて選べなかったと言っていました。。。w

 

 

 

因みに、波形が気持ち悪く感じるのは、手前にゾーンがあるからなんですよね・・・

 

 

 

次に、下図、GOLD。

 

 

 

 

 

 

この通貨ペアーは日足チャネルライン割れの局面のため、選び易く、生徒さんたちはトレード候補として挙げていました。

 

 

 

4H以下を見るとレートが切り下がっているので、これは手前からENしても(1Hミドル辺り、15Mのペナント抜けでポチッとしても)良い場所ですね^^

 

 

 

結果的に予想以上に大きく下がりましたが、チャートの赤枠部分をしっかり取っていれば十分です。それより下はご褒美相場ですね^^;)

 

 

 

本日は3月最後の営業日なので、夜中まで目が離せません!

 

 

 

それでは良い一日を!

 

 

 

感謝^^

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.