[LogicalFX通信]あなたは具体的に参戦ポイントを絞ることが出来ますか?絞れないと・・・

こんにちは。

 
 
 
 
 
 

昨日、EUR/JPYで同じ所で取った方が何人かいました。

 
 
 

20161020_2

 
 
 

20161020_3

 
 
 

20161020_4

 
 
 

このような現象は裁量トレードには珍しいですが、水平線トレードは、裁量にも関わらず、具体的に参戦ポイントを絞ることができるので、このような同期が普通に起こります。

 
 
 

そして、誰が見ても腑に落ちるトレードと、そうでないトレードがはっきり分かるようになります。

 
 
 

つまり、ルール通りに、誰が見ても腑に落ちるトレードさえ繰り返せば、安定的に勝ち続けることが可能です。

 
 
 

「誰が見ても腑に落ちるトレード」は、水平線理論に詳しく説明してあるので、是非、マスターして、人生を変える武器にしてください。

 
 
 

さて、今後のEUR/JPYですが、現在、1Hの戻しが深く入っています。

 
 
 

このような場合は、下図のように、1週回ってから、4Hの流れと同期するまで待つことがセオリーなので、その時まで、じっくり待つことをおススメします。(*何で待たなくちゃいけないんだー、という方は、その理由をよく考えてください。)

 
 
 

20161020_1

 
 
 

もし、1Hの戻しが深すぎて、4Hの戻しにまで波及するようであったら、その波は死んでる可能性が高いので、大人しく違う通貨ペアーを選んだ方がいいでしょう。(又は買い戦略に切り替えて。。。)

 
 
 

*人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!

 
 
 

それでは、本日の指標です。(*Zaiから引用)

 
 
 


 
 
 

・17時30分:英)小売売上高【除自動車】
→発表での英ポンドへの影響は非常に大きなモノになりやすい
 
 
 

・20時45分:欧)ECB政策金利声明発表
・21時30分:欧)ドラギECB総裁の記者会見
→金融政策は据え置きと思われるが、今後の金融政策への思惑でユーロが大きく動くキッカケになる可能性が非常に高い
 
 
 

・21時30分:米)新規失業保険申請件数
・21時30分:米)フィラデルフィア連銀景況指数
・21時30分:米)ダドリーNY連銀総裁の発言
・23時00分:米)中古住宅販売件数
・23時00分:米)景気先行指数
・26時00分:米)30年物価連動債入札
→ドル買いの流れはなんとか継続も、そこへ円買いとユーロ売りの流れも優勢となって、ドル円もユーロドルも下向きとなっている
注目度の高い米国の経済指標の発表は、[米)新規失業保険申請件数][米)フィラデルフィア連銀景況指数]がメイン
その他、[米)中古住宅販売件数][米)景気先行指数]も発表される
経済指標の発表による影響は今のところ限定的だが、相場が動くキッカケとして注目したい
21時30分の経済指標と[欧)ECB政策金利声明発表]後[欧)ドラギECB総裁の記者会見]が同時刻に行われる点に注意

 
 
 


 
 
 

今夜は、21時30分辺りに一波乱あるかもしれません^^;)

 
 
 

それでは、本日も良い一日を!

 
 
 

感謝^^

 
 
 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.