[LogicalFX通信]「チャンスの数」と「あなたが取れる数」は同じではない!

こんにちは。

 

 

 

先週の米国失業保険申請件数が過去最多の328万3千件となり、今後日本も大幅な失業者数が予想されます。

 

 

 

よって、今、仕事がある方は、その環境に感謝しながら、文句を言わず、一つ一つ丁寧に熟していくことをお薦めします。

 

 

 

こういう時こそ、今ある仕事は、実は自分の力のお陰ではなく、周りから頂いた大切な物だと、感謝する必要があると思います。

 

 

 

自分の力を過信せず、謙虚に行きましょう

 

 

 

さて、冒頭から暗い話は嫌なので、先週金曜日のトレードポイントをご紹介します!

 

 

 

先週の金曜日はGBP/USDを監視していました。

 

 

 

 

 

 

EXポイントに達してから、一度ある程度深く戻して、更に上に行ってしまいましたが、それはしょうがないかなと思います。

 

 

 

EXは適当にしているのではなく、ルールがあるので。。。。

 

 

 

ところで、最近の高ボラタリティ市場で、1Hの軸でも(場合によっては15Mの軸でも)簡単に50-60pips取れるトレードポイントが多発しています。

 

 

 

よって、人間は欲望の塊なので、マイルールに反して取りたくなると思います。

 

 

 

しかし、「チャンスの数」と「あなたが取れる数」は同じではなく、「チャンスの数」と「あなたのスキル」が同じになった時に初めて取れるようになるので、勘違いしない事です。

 

 

 

大事なのでもう一度言います。

 

 

 

あなたのスキルが高ければ、たくさんのチャンスを掴む事ができ、逆に、あなたのスキルが低ければ、たくさんのチャンスを掴む事はできません!

 

 

 

これ、仕事でも一緒ですよね^^;)

 

 

 

よって、スキルが低い方は、どんな時でもマイルールに沿って、確実に取っていった方が、結果が残るという事になります。

 

 

 

どんな時も、急がば回れです!

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

CAPTCHA


トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.