[LogicalFX通信]月足内部ダウ環境を上手く取っていくには?

こんにちは。

 

 

 

先週は海外にいたので、久しぶりの更新です。

 

 

 

 

ここ数ヶ月GBP関連通貨ペアーを監視しているのですが、まだまだ上に行きそうですね。

 

 

 

例えば、ストレート通貨ペアーであるGBP/USDを見ると、月足で内部ダウが出ているので、オーバーシュート込みで、年足の上・下段を分かつミドル付近を突破しそうなイメージを持っています。

 

 

 

 

 

 

と言う事は、もう2ヶ月ぐらいは上に挑戦してくるのかと。。。

 

 

 

しかも、下図のようにミドル付近でレジサポすれば、数か月は美味しい相場が訪れるようになります。

 

 

 

 

 

 

但し、デイトレレベルでは日足が常に上昇し続けるのではなく、陰線を付けて深く押したり浅く押したりしながら上昇していくので、日足の局面を理解しながら上手く取っていく事が重要です。

 

 

 

例えば、現時点でGBP/USDの4時間足は深く落ちています。

 

 

 

と言う事は、いきなり「エイヤー」で入るのではなく、4H上・下段の上段に入ってからENチャンスを見つけるべきです。

 

 

 

負ける人は、レートが下段にあるにも関わらず、上に行きそうに見えるところで入ってしまいます。

 

 

 

結果、月足から見ると美味しい相場なのに、日足レベルで落とされて、美味しい相場も自ら不味くしてしまうのです。

 

 

 

料理で例えると、最高の素材があるにも関わらず、間違った調味料を使って、味を破壊してしまうのと同じです。

 

 

 

要は、使う人によって、最高のモノにするか、最低のモノにするかが違ってきてしまうという事ですね。

 

 

 

ですので、折角良い素材があるならば、最高の味にしましょう!

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

PS:わざと4Hの説明部分を画像なしで解説しましたが、もう分かりますよね?

 

 

 

分からなければ、JTAで一緒に勉強しましょう!

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.