[LogicalFX通信]こういった所を狙えるようになると毎日がお祭り!

こんにちは。

 

 

 

昨日はそんなに動きはなく、世間的には難しい環境のようでしたが、私にとっては得意な波形が現れました。

 

 

 

その波形とは、下図です。

 

 

 

 

 

 

見た感じ相当難しいところを狙っているように見受けられます。

 

 

 

何が難しいかというと、4Hレンジの中で、1Hの第6からENしているからです。

 

 

 

当然、「4Hレンジの中」というのは禁断の果実の部分なので、初心者には最低でも「4Hレンジの外」から狙うべきですが、波がよく見える方ならOKです。

 

 

 

実は、この部分、日足の下降ダウの一部という背景があるから、しっかり狙えるポイントなのです。

 

 

 

つまり、下図のように、日足のダウの継続点が上下にあるような挟まれた部分なので、青ラインが上抜けなかったら下へ、下抜けなかったら上へ、と日足単位で波が動いていく場所だから、安心して入れるところなのです。

 

 

 

今回は、青ラインより「もう上に行きません!」と1Hの第6が決まった時点で、決定づけられました。だから、4Hがレンジでも、1Hの流れに引きずられ、4H1本だけは、一時的に下に行くことになります。

 

 

 

注意する点は、この場合は、4Hは1本だけの下落ですからね!

 

 

 

間違っても4Hが数本下に行くとは思わないでくださいね!

 

 

 

だって、4Hは「○○ジ」環境なので。。。

 

 

 

ここを理解しないと、悠長にポジションを余裕しすぎて、ゴール付近で、直ぐに逆行されて負けてしまいます。

 

 

 

因みに、下図のこのポイントも私の大好物なトレードポイントです。

 

 

 

日足のダウの継続点で、「もう下に行きません!」と断言されるところですね^^

 

 

1Hのイメージは先日の記事のようなところです。。。(あくまでも1Hのイメージだけです。。。)

 

 

 

尚、これ以上詳しく書いてしまうと、合宿生に怒られそうなので、ここら辺で止めます^^;)

 

 

 

因みに、こういうった確度の高い「上も下も」取れるところを次回の合宿では詳しく教えます。

 

 

 

それをマスターすると、基本、毎日がお祭りになります^^

 

 

 

それでは良い一日を!

 

 

 

感謝^^

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.