[LogicalFX通信]戻り目の日足時間感覚を間違えると大変な事になります!

こんにちは。

 

 

 

11月は今日で終わりという事で、少し時間感覚についてお話したいと思います。

 

 

 

と言っても、歳をとったから若い頃よりも時間感覚が長くなった、というような話しではないです。。。

 

 

 

FXの時間感覚です。

 

 

 

いまいち勝ちきれないトレーダーによくある症状として、例えば、1分足も日足も同じ時間感覚に捉えてしまう事があります。

 

 

 

例えば、下降トレンドの中の一時的な戻しは、1分足だと数分待てば戻ってきます。

 

 

 

しかし、日足だと一般的に数日かからないと戻ってきません

 

 

 

ですので、日足の戻し目の部分で、下図のように髭が出たからと言って、一日では最安値付近までそう簡単にはいかないのです。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、戻しの部分は、いわゆるレンジと一緒で、売りと買いが激しく戦っているところだからです。

 

 

 

よって、内部構造を意識しながら、本日はどこまで行くのか予測して、数日に渡って取っていく戦略が必要です。

 

 

 

その時、必要な内部構造の概念は、上段・下段です。

 

 

 

一般に、日足の戻しの中身は、上段・下段に分かれながら、数日を掛けて、波が行ったり来たりして、戻しを完了します。

 

 

 

 

 

 

その中に波の普遍性が出るところがあるので、そこを賢く取っていくのがポイントです。

 

 

 

 

 

 

よって、こういう時間感覚があると、下図(GBP/NZD)のような戦略を立られるようになります。(ナイストレードです!)

 

 

 

 

 

 

尚、日足戻り目のところは、所謂「毒まんじゅう」が発生するところなので、事前に理解してENしてくださいね!

 

 

 

それでは、良い一日を!

 

 

 

感謝^^

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.