[LogicalFX通信]エグジットポイントの決め方とは?

こんにちは。

 

 

 

今日からGW明けですね!

 

 

 

それに伴い、日本市場も開いたので、今日からそれなりに動き出すと思います。

 

 

 

さて、日足の波について有益な質問が来たので、皆様とシェアーしたいと思います。

 

 

 

質問内容は簡潔に言うと、「日足のダウが出た場合は、日足の次の抵抗まで持つべきかどうか?」というものです。

 

 

 

答えとはしては、「はい、その通りです!」ですが、一点注意して貰いたい事は、日足の次の目標値まで、必ずしも一日で到達するとは限らないという事です。

 

 

 

例えば、下図のGBP/AUDは日足は、日足抵抗を抜けて、4Hが髭で上値を押さえられて、そろそろEN出来そうです。

 

 

 

 

 

 

この場合、EXポイントは、日足の次の抵抗です。

 

 

 

デイトレなので、オーバーナイトは許されず、一日でそこまで到達してもらはないと困ります。

 

 

 

しかし、実際は、日足ローソク2本分で到達しました。

 

 

 

 

 

 

このように、次の目標値まで届く保証はかなりありますが、目標値まで一日で届くとは限らないので、注意が必要です。

 

 

 

特に、ボラが低い日などは、当たり前ですが、この現象が発生しやすいので、切りが良い所で利確しておく必要があります。

 

 

 

また、抵抗と抵抗の幅が大きい時は、物理的に一日では到達できないので、数日に渡って到達することもあります。

 

 

 

以上より、日足の波を見つけたからと言って、デイトレでのEXポイントを間違えると、ブレーク付近まで一旦戻される可能性もあるので、常識的な範囲でEXしてください。

 

 

 

それでは、本日の指標です。(*Zaiから引用)

 

 

 


 

 

 

・21時25分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言
・27時00分:米)バーキン:リッチモンド連銀総裁の発言
・28時30分:米)カプラン:ダラス連銀総裁の発言
・28時30分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言
本日は注目度の高い米国の経済指標の発表はない
FOMC金融政策発表(2日実施)明け及び米国の雇用統計の発表(4日実施)明け週明け月曜日
今週も引き続き、ここまで加速してきたドル買いの流れが継続するかどうかがキモ
本日は注目度の高い米国の経済指標の発表はないが、複数のFRB高官の発言が予定

 


 

 

 

感謝^^

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.