[LogicalFX通信]なぜこの通貨ペアーは上昇したのか分かりますか?

こんにちは。

 
 
 

 
 
 

先日、某所でセミナーがあり、そこで、EUR/JPYは先週金曜日の大きな買いの一発で、上昇反転するだろうと、テクニカル分析しました。

 
 
 

 
 
 

なぜ、この買いで出た大陽線でしばらくの間、上昇が決定されたのかというと、それは月足の環境にあります。

 
 
 

月足を見ると、ダウを築きながら上昇していますので、先週金曜日までの下位足での下降トレンドは、月足で見ると単に一時的な押しでしかないことが推測できます。

 
 
 

これは、BBなどを表示させて見ると、よりイメージし易いと思います。(下図)

 
 
 

 
 
 

水平線が+1σと重なっていますよね?

 
 
 

このような時は、水平線は統計的に有効性が高い抵抗になるので、そこの抵抗線付近で、下位足で大陽線が出ると、上昇反転のサインと見ていいことになります。

 
 
 

よって、月足で見ると、一時的な押しだと判断できるのです。

 
 
 

但し、この月足は素直に上に行くのかというと、そうではなくて、週足レベルの大きなレンジを経ながら上に行きます。

 
 
 

 
 
 

よって、この通貨ペアーを狙うデイトレーダーは、この週足レンジの中で、ローソク足を日足以下にドリルダウンして、『勝てる環境』を見つけながら、利を取って行くという事になります。

 
 
 

このように、各足のタイムフレームの波の質を分析して、本日、日足以下が、どのような環境になれば、勝てるトレードポイントが現れるかを見つけることこそが、デイトレーダーにとっての本当の環境分析になります!

 

 

 

*人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!

 
 
 

それでは、本日の指標です。(*Zaiから引用)

 
 
 


 
 
 

・18時00分:独)ZEW景況感調査
→欧州勢が動き出すキッカケとして注視

 
 
 

・21時30分:加)小売売上高【除自動車】
→発表でのカナダドルへの影響は非常に大きなものになりやすい

 
 
 

本日は、『注目度の高い米国の経済指標の発表』はない
→週明けはドル売りの流れが優勢に
ここから、このドル売りの流れが継続するかどうかがキモ
引き続き、主要な株式市場米国の長期金利原油価格の動向と共に注視
今週末にジャクソンホール会議を控え、思惑が発生しやすい

 
 
 


 
 
 

トレードは「環境分析に始まり環境分析に終わる」ですね!
 
 
 

本日も良い一日を!

 
 
 

感謝^^

 
 
 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.