[LogicalFX通信]本日はCHFとGBP、そしてUSDに注目!

こんにちは。

 
 
 

本日ですが、CHFとGBP、そしてUSDに注目です。

 
 
 

CHFはここ数日、買われており、このまま買われ続けるがテクニカル的に焦点になります。

 
 
 

CHFはここ数年安全通貨ならぬ危険通貨に変貌してますので、個人的にはあまり手を出したくない通貨です(>_<)

 
 
 

一方、GBPはと言うと、こちらも難易度が高そうです。

 
 
 

一応、GBP/USDのシナリオを下図に示しますが、現時点では、ロングの方がやり易そうです。

 
 
 

20160915_1

 
 
 

ロングの場合は、4Hトレンドラインがあるので、とりあえず、そこを抜けてから、参戦準備を考えたほうが良さそうです。

 
 
 

逆に、ショートは、直近の髭を抜けてからの方がいいと思います。(オレンジ矢印部分)

 
 
 

それ以前で参戦すると、1Hの(大陰線と大陽線の組み合わせの)はらみ足的なローソク足がどうも気になり、心理を考えると、その間にたくさんの弾が溜まってそうで、思うように下げないかもしれません。

 
 
 

他のGBPは、現時点で、GBP/JPYは最悪、EUR/GBPはまだやり易そうです。

 
 
 

どの通貨ペアーも、とりあえずは様子見で、明確な動きをしたら参戦しましょう!

 
 
 

*人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!

 
 
 

それでは、本日の指標です。(*Zaiから引用)
 
 
 


 
 
 

・16時30分:ス)SNB政策金利声明発表
→金融政策は据え置きが濃厚でサプライズとなる可能性はほぼないモノの、今後の金融政策への思惑や為替相場への言及でスイスフランが大きく変動するキッカケに
 
 
 

・17時30分:英)小売売上高【除自動車】
→発表での英ポンドへの影響は非常に大きなモノになりやすい
 
 
 

・18時00分:欧)消費者物価指数【確報値】【コア】
→欧州市場が動き出すキッカケとして注視
 
 
 

・20時00分:英)BOE政策金利声明資産購入枠発表
・20時00分:英)BOE議事録公表
→金融政策は据え置きが濃厚。サプライズがなくても、今後の金融政策やEU離脱への思惑で英ポンドが大きく動くキッカケに
 
 
 

・21時30分:米)新規失業保険申請件数
・21時30分:米)小売売上高【除自動車】
・21時30分:米)生産者物価指数【コア】
・21時30分:米)NY連銀製造業景気指数
・21時30分:米)フィラデルフィア連銀景況指数
・21時30分:米)第2四半期経常収支
・22時15分:米)鉱工業生産/設備稼働率
15日の五十日
米国の経済指標は、注目度の高いモノの発表が目白押し
来週(21日)に[日)BOJ金融政策発表]と[米)FOMC金融政策発表]を控えて、金融市場の方向感がなくなっているが、本日の米国の経済指標で金融市場は敏感に反応しやすい
特に、21時30分発表の経済指標群に注目したい
引き続き、主要な株式市場米国の長期金利原油価格の動向と共に注視

 
 
 


 
 
 

それでは、本日も良い一日を!

 
 
 

感謝^^

 
 
 

PS:勝つ為には、先ずはラインを極めましょう!(インジはその後^^)
 
 
 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.