[LogicalFX通信]入れ食い状態な環境が発生中!その時気をつけないといけない事とは?

こんにちは。

 

 

 

ここ数週間、世界環境の変化で、ボラタリティが高くなっており、スキルがある人にとっては入れ食い状態になっています。

 

 

 

その理由として、今まで4時間足を軸にしないとある程度大きな波が取れなかったのが、1時間足を軸にしても大きく取れるような環境になったからです。

 

 

 

よって、極端な話し、4時間毎に1回は60pips以上の波が取れるといったイメージになっています。

 

 

 

例えば、先週の金曜日は、色々なトレードポイントが発生しましたが、普段あまりリワードが宜しくない下図のポイントも100pipsぐらい取れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、このポイントは私はあまりやりません。

 

 

 

なぜなら、普段の相場だと、これらのポイントは、30pipsぐらいしかなく、下図のように、途中で失速して、4Hレベルのワイドレンジに入り、玉溜まりを形成する場所だからです。(*毒〇〇な環境)

 

 

 

 

 

 

よって、普段の戦略としては、上目線に切り替える場所になります。

 

 

 

但し、リーマンショックの頃もそうでしたが、ここ数週間の環境は特殊な環境なので、更に売りが続く事があります。

 

 

 

よって、その事が言語化出来ている方は、その後の追随売りはしても大丈夫です。

 

 

 

逆に、言語化出来ずにやってしまった方は、「毒〇〇な環境」であったことを理解せずに入ってしまっているので、危険です。

 

 

 

この記事を読まれた方の中には、今後、時間軸を下げても大丈夫なんだ、と思い、軸をずらしてトレードする方が多くいるかもしれません。

 

 

 

大いにやっても良いですが、「今まで作って来たルールは何だったの?」と自問しながらトレードをしてください。

 

 

 

その行為が長い目で見て、良かったのか悪かったのかは、後で分かると思います。

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

CAPTCHA


トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.