[LogicalFX通信]昨今損切り幅を大きくしないと危険な環境!

こんにちは。

 

 

 

昨今、株価の下落幅が異常になっていますね!

 

 

 

例えば、US30で見ると、下図のように、ここ1-2ヶ月でリーマンショックの下げ幅より大きくなっており、トラップ就任時から見ると、見事に、全戻しになっています。

 

 

 

つまり、彼が頑張ってやっていた金融政策は、US30だけで見ると、ゼロになってしまった事が分かります。

 

 

 

 

 

 

金融の本丸である債権市場に本格的に波及してしまうと、借金(債権)大国であるアメリカが崩れてしまい、世界経済は未知の領域に進むことになってしまいます。

 

 

 

資産運用などでガチガチに債権だけで固めるスキームを取っている人にとっては、安全神話が崩れるかもしれません。。。

 

 

 

さて、昨日の相場ですが、私はGOLDをマークしていました。

 

 

 

理由は簡単で、日足のダウ第6番が出ると思っていたからです。まさに教科書どおり^^

 

 

 

トレードポイントは下図の200pipsぐらいですが、指標を挟んで、更に500pipsぐらい下がりました。。。(汗)

 

 

 

 

 

結果的には、日足の第3ゴールぐらいまで到達してしまった感じです。

 

 

 

このトレードは特に難しいものではないですが、CFDはいつも如くFXよりも崩れる時のスピードが早く、入るタイミングを間違えると大きなボラタリティにかられてしまう可能性がある事です。

 

 

 

スプレッドも大きく広がり易いので、スピードとスプレッドを気にしながら、損切り幅を大きくしながら挑戦した方がいいです。

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

PS:ここ1,2ヶ月はスキルの無い方には地獄の環境。一方、スキルのある方にとっては、入れ食い状態!

 

 

この違いは一体。。。^^;)

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

CAPTCHA


トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.