[LogicalFX通信]フェイク波後のV字戻しを狙う戦略とは!?

こんにちは。

 

 

 

昨日は、GBP/AUDの戻しを期待していたのですが、1Hで理想通りの玉溜まりが出ず、スルーしました。

 

 

 

GBP/AUDは現時点では、下の方がシナリオを作り易いかもしれません。

 

 

 

さて、昨日は、GBP/CADが分かり易い動きをしてくれました。

 

 

 

このポイントです。

 

 

 

 

 

 

トレードに至るまでの思考は、日足がレンジ下限の際で、1Hがフェイクの下落でV字戻しをし、その過程で、4Hが下髯を作り、1Hのミドル付近の抵抗で、下値を押さえられたので(=第六が完成したので)、その後は上しかないからです。

 

 

 

EXポイントは、TL付近にある抵抗が第一目標、第二目標はオーバーシュート部分にあたる1Hの直近最高値です。

 

 

 

本来、GBP/AUDもこういった動きを期待していたのですが、動きが気持ち悪すぎてダメでしたね。

 

 

 

また、GBP/CADのように4Hのバンド間の幅があったら、選択していたかもしれません。

 

 

 

ともあれ、昨日の相場は難しかったかもしれません。

 

 

 

軸がない人がこれを真似するとブレブレになりますよ!

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

PS:もし動きが気持ち悪い場合、他の関連通貨ペアーを見るとその原因が大体分かります。例えば、昨日はGBPもAUDもどちらも市場を引っ張っていませんでした。

 

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.