[LogicalFX通信]4時間足のレンジ内から日足の波に合流する方法とは?!

こんにちは。

 

 

 

先日から日足で上昇ダウが出ているGBP/AUDを追っていたのですが、昨日も大波が出ましたね。

 

 

 

こういうのをしっかり取れるようになると、月単位で500pipsぐらいは普通に行くようになります。

 

 

 

昨日の場合は、トレードポインの道中で大型な指標があったので、意外と警戒して途中で利確した人もいると思いますが、私の経験では、大型指標の前にテクニカルで流れが決まっているのなら、それは指標結果が織り込まれている可能性があるので、指標直前で利が乗っているのなら、ロスカットラインを建値付近に入れて、指標がサプライズになっても損小(又は、0)で逃げれるようにする戦略もありだと思います。

 

 

 

さて、そのトレードポイントは以下になります。

 

 

 

 

 

 

トレードに至る思考については、月足がダウ継続中で、週足が深い戻しからV字完成局面。その過程で日足が上昇ダウを作っていたので、後は、4時間以下が「これ以上下に行かない!」というサインを見つければ、4時間は日足の流れに合流します。

 

 

 

「これ以上下に行かない!」というサインは、いつものアレです!このサインですね。

 

 

 

 

 

 

そのサインを確認してから、もし最速で入りたい場合は、V字が完成した後、次の15Mのローソク足が少し戻した所からになります。

 

 

 

ともあれ、「環境」も、「これ以上、下に行かない!」というサインも整っていたので、こういった所は安心してEN出来る場所です!(*指標を跨ぐかどうかはその人の戦略になります...)

 

 

 

昨日、JTAオンラインセミナーで4Hレンジの手前から入れる状況があるとお話しましたが、まさにこれがそれですね!

 

 

 

手前から入れる条件を研究してモノにすると、トレード幅は広がりますよ^^

 

 

 

それでは、素敵な1日を!

 

 

 

感謝!!

 

 

 

 

 


★水平線のみのトレードがどんなものなのかを見たい方は画面右上の登録フォームのロゴをクリックしてください。登録後、直ぐに見ることができます。


 

もし宜しければ下ボタンを押して頂けると嬉しいです↓

FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

(必須)

CAPTCHA


トラックバックURL

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.